テレワーク。。。

こんにちは。大田区蒲田の行政書士の那須です。

新型コロナウイルスの感染はなかなか収束に向かいませんね。

新型ウイルスが国内で発見され、1年以上。私たちの生活も確実に変わってきましたね。

変わったと言えば、まずは外食の自粛。緊急事態措置がある無しに関わらず、積極的に外食、特に夜出歩く事が無くなり、その分、家飲みが多くなったような気がします。家庭の味を充実する期間が増え、時に、少し豪華にテイクアウトや宅配で家族団らんするご家庭が増えたのではないでしょうか。

次に変わったと言えば、働き方ではないでしょうか。数年前まで『テレワーク』という言葉の存在すら知らなかったのに、この1年でほとんどの方がこのワードを認識したのではないでしょうか。テレワークをうたい文句に採用する企業も出てきました。おそらく、これからも(コロナウイルスが下火になってからも。。。)定着していくのではないでしょうか。都でもテレワークを推進するプロジェクトがあります。詳しくはこちら。企業様はぜひ、制度をご活用頂き、社内環境向上に役立ててください。各行政への手続きや各種ご相談は当事務所にお任せください。

テレワークに関し、統計を一つ。東京都は他県より、テレワーク導入率が高いです。全国1位なのです。全国平均は約30%です。東京都は直近で約59%の企業がテレワークを導入しています。令和元年の実績は約25%だったのですが、令和2年で約58%に倍増致しました。コロナ禍で在宅ワークの推進が影響しているのは間違いないのですが、倍増の土壌は数年前からあったようです。東京都では数年前より、オリンピック時の混雑緩和の為、テレワーク導入の促進をしてきていたようです。なので、他県に先んじて、実績をあげられたようです。また、都では今後、在宅ワークが基本で、出社は週1出勤、複業などを一般的にするとの目標を掲げているようです。まだまだ想像もできないですが、コロナ禍の後には多様な生活様式が生まれてきそうですね。。。当事務所もみなさまの多様なニーズにお応え出来るよう日々勉強し、経験を積み、研鑽していきますので、よろしくお願いします!!!

お気軽にお問い合わせください。03-6428-6893営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ


投稿者プロフィール

那須和彦
那須和彦
はじめまして。大田区蒲田駅西口より徒歩2分、大田区役所より徒歩5分の場所に事務所を開設いたしました行政書士の『那須和彦』と申します。

当事務所は行政手続きを得意としております。VISAや在留許可申請、風営法許可など難易度が高い許認可を積極的に請け負っています。

当事務所は予防法務の専門家として、遺言・相続に関わる書面作成サポート及び、数多くの契約書面の作成業務を行っております。リスクヘッジを念頭に置いた書面作成業務をいたします。

当事務所は法人・個人事業主様の法務パートナーを目指しております。特に店舗開業サポートに力を入れており、新規物件の選定から開業までトータルにサポートいたします。更に事業が安定軌道に乗れるようご依頼人様の第二のバックオフィスとして経営をサポートいたします。