≪在留資格≫在留カードとは??

こんにちは。行政書士の那須です。

確定申告をやっと終え、一息ついてる今日この頃。

来年こそは締め切り間際に滑り込み申告をしないと心に誓う今日この頃。

本日は在留カードの話しを少し。

本日は外国人を雇用する事業主・企業様向けての話です。

在留カードは日本人にとっては馴染みのないカードですが、海外の方にとってはパスポートと同じぐらい重要なカードです。

大きさは運転免許証と同じぐらい。発行元は出入国在留管理局。カードには氏名、生年月日、性別、国籍、国内の住居地、在留資格の種類、在留期間、許可日などが記載されています。ICチップが内蔵されています。カードを前後左右に傾けたりするとカードの一部分の色が変わったり、文字が浮き出たりします。在留カードを持っていることで、その外国人は『国内で中長期にわたり滞在しても良いですよ』と許可を受けた証明になります。

在留カードは外国人が海外から入国する場合、一部の空港(羽田、成田、中部、関空、新千歳など)で交付されます。入国時に交付されない場合、住居地の区役所・市役所へ届出した後、10日ほどで交付されます。

在留カードは常時携帯する義務があります。

在留カードは滞在期限切れなどが発生している場合、当該外国人は国内に留まれない時があります。

在留カードに記載されている職業以外に就いた場合、当該外国人は国内に留まれない時があります。

ですので、外国人を雇用を予定している企業・事業主様は面接などの早期の段階で必ずカードに記載事項をご確認ください。故意過失関係なく、在留期限が切れていた外国人を雇用した場合、許可以外の職業で外国人を雇用した場合、企業・事業主様も罰則の対象になりますので、ご注意下さい。

外国人の雇用を検討している。。。外国人を雇用したいが手順、方法が分からない。。。外国人雇用について詳しく知りたい。。。そんな方は弊所へお問い合わせ頂きますようお願い致します!!

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ

投稿者プロフィール

那須和彦
那須和彦
はじめまして。行政書士の『那須和彦』と申します。
当事務所は行政手続きを得意としております。VISAや在留許可申請、風営法許可など難易度が高い許認可を積極的に請け負っています。

当事務所は予防法務の専門家として、遺言・相続に関わる書面作成サポート及び、数多くの契約書面の作成業務を行っております。リスクヘッジを念頭に置いた書面作成業務をいたします。

当事務所は法人・個人事業主様の法務パートナーを目指しております。特に店舗開業サポートに力を入れており、新規物件の選定から開業までトータルにサポートいたします。更に事業が安定軌道に乗れるようご依頼人様の第二のバックオフィスとして経営をサポートいたします。