深夜にお酒類を提供する飲食店とは

バーや居酒屋を開業したい!店舗が飲み屋街にあるので、深夜までお酒を提供したい!そんな方のために必要な書類が深夜酒類提供飲食店営業の届出です。営業時間や接客方法により、届出が必要な場合や不要な場合がございます。また、許可制と違い、届出制ですので、簡易に感じますが、要件、必要書類が多いのが現状です。不安な方は専門家に相談することをおすすめいたします。

深夜酒類提供飲食店の届出が必要な場合は ①深夜0時以降(朝の6時まで)も営業をする場合 ②主にお酒の提供をメインに営業をする場合が該当します。深夜0時以降に営業をしない店舗や深夜0時以降に営業してもお酒をメインに扱わない店舗は不要とされています。また、接待を伴う飲食店の場合は別の許可(風俗営業の許可)申請が必要となります。

届出をする前に

深夜酒類提供飲食店の届出は出店する場所を管轄する警察署へ提出いたします。届出をする前に ①(出店する場所の)用途地域の確認 ②飲食店営業許可の申請 が必要となります。

①について、そもそも出店できない地域だったのに、賃貸借の契約をしてしまった・・などとならないように事前に必ず確認をしてください。用途地域は都市画法で定められた所定の各地域のことで、商業地域、近隣商業地域では問題ないかと思いますその他の地域は禁止や制約がありますので、確認することをおすすめいたします。

②に関しては、必ず事前に取得しておいてください。

届出の基準について

深夜酒類提供飲食店の届出の届出基準は以下になります。

人的要件 →基準なし

場所的要件 →上記の『届出をする前に』の①に該当しますので、割愛いたします。

構造・設備要件↓

①客室が2室以上ある場合、各々の床面積が9.5㎡以上であること

②客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

③善良な風俗または清浄な風俗環境を害する恐れのある写真、広告物、装飾、その他の設備を設けないこと

④客室の出入り口に施錠の設備を設けないこと

⑤照度は20ルクス以下としないこと

⑥騒音、振動の数値が条例で定める数値に達しないこと

※上記以外にも基準が規定されていますので、詳細はご相談ください。

届出に必要な書類

深夜酒類提供飲食店の届出に必要な書類は多岐に渡ります。また、所轄の警察署によっても求められる書類が違う場合があります。以下は参考例となります。

<必要書類>

・深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書

・営業の方法

・(法人の場合)定款のコピー、履歴全部事項の証明書

・飲食店営業許可書のコピー

・住民票、店舗の平面図、求積図、音響・照明図等

※図面作成は詳細に求められることがありますので、専門家に依頼して頂いた方が無難です。

※不備があると後日、再提出を求められます。

<警察署によって求められる書類>

・店舗の賃貸借契約書、貸主の使用承諾書、用途地域証明書、店舗の案内図、建物概要図、メニュー表、(届出者が代表者でない場合)委任状等

※事前に警察署へ何が必要かをヒヤリングしておくことをおすすめいたします。

届出の提出方法

深夜酒類提供飲食店の届出の書類をすべてそろえたらそれぞれ2部作成してください。1部は所轄の警察署へ提出する分、もう1部は保管用です。保管用には受理番号を記入してもらい、大切に保管してください。

警察署にて受理されてから10日後に営業をすることができます。

深夜酒類提供飲食店の届出をもっと知りたい方

深夜酒類提供飲食店の届出についてもっと詳しく知りたい方は当事務所へお問い合わせください。

受付時間以外でもメールでお問い合わせ頂ければ24時間以内にご返信いたします。

ご連絡お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ