申請取次行政書士になりました!!

こんにちは。行政書士の那須です。

昨日、申請取次士の届出済証明書が届きましたーーー。

4ヶ月あっという間でした。

4月後半から5月にかけ、本などで勉強を始め、6月に書士会主催のオンライン受講、ペーパーテストとレポート提出を得て、7月には合格通知を頂きました。即時に登録し、昨日、出入国在留管理局より、証明書が届きましたーーー。

取得したかった資格だけに本当に嬉しい限りです。同時に入管業務が出来ることに改めて背筋が(ピンと)伸びる思いがいたします。

行政書士の業務は多様にあります。(他の士業の先生の領域を侵さない限り)ほとんどすべての業務を行政書士は請け負うことが出来ます。行政書士は(役所などの)行政に提出する書類のほとんどを代行や代理できるといわれています。行政とは司法権、立法権以外の公権力と言われてますので、行政とはいかに大きな存在か、また、その行政への提出する書類がいかに膨大多岐に渡るか想像に難しくないかと思います。

そんな多種多様な行政書士業務の中で私が『入管業務』をメイン業務にしたかったのは『その方の人生に関われるから』です。海外の方が(短期渡航を除く)日本に来られる場合、日本で働きたい、日本の学校に行きたい、日本の文化を学びたいなど色々な動機があるかと思います。ただ、どの動機にしても相応の心づもり(覚悟?)が必要かと思います。海外の方が日本に来ることは、日本人が知らない国に長期滞在に行くようなものだと思います。いくらネットなどでその国の情報を得ていたとしても不安や心配事は尽きないと思います。その国に行こうと思うとき、その不安や心配事を上回る動機が必要でその動機を行動に変える心づもりが必要かなと思います。「日本に行きたい!!」。私はそんな方々の手助けが出来ればなと思ってます。

ただ、一方で不正不法が生まれやすいのも入管業務だといわれてます。知識がおぼつかないばかりに、知らず知らずに不正不法な業務をやってしまわないように常に最新の入管法を学び取ることが必要です。依頼者の想いに応えたい!とは言え、法律に合致しているのか!?高い倫理観で自分を律し、判断に迷ったら常に法律に立ち返る!で判断する!で答えを導き出す!で不正不法がなく、正しき方法で海外の方を日本へ案内する!相談や依頼が増えれば増えるほど、私の背筋はどんどん伸びていきます。尽きることなく、伸びていくかと思います。

みなさまの悩みを本気で解決したくて。これからも日々勉強し、経験を積み、研鑽致して参ります。

何か問題が発生!?そんなときは弊所へご相談ください!!!!

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ

投稿者プロフィール

那須和彦
那須和彦
はじめまして。行政書士の『那須和彦』と申します。
当事務所は行政手続きを得意としております。VISAや在留許可申請、風営法許可など難易度が高い許認可を積極的に請け負っています。

当事務所は予防法務の専門家として、遺言・相続に関わる書面作成サポート及び、数多くの契約書面の作成業務を行っております。リスクヘッジを念頭に置いた書面作成業務をいたします。

当事務所は法人・個人事業主様の法務パートナーを目指しております。特に店舗開業サポートに力を入れており、新規物件の選定から開業までトータルにサポートいたします。更に事業が安定軌道に乗れるようご依頼人様の第二のバックオフィスとして経営をサポートいたします。