相続の意義

「相続」とは、個人が死亡した場合に、その者の有していた財産上の権利義務をその者の配偶者や子など一定の身分関係にある者に承継させる制度のことをいいます。この場合、財産上の権利義務を承継される者のことを「被相続人」といい、これを承継する者のことを「相続人」といいます。相続とは被相続人から相続人に対する財産上の権利義務の承継ということになります。

相続の開始

相続は、死亡によって開始する(民法882⦅相続開始の原因⦆)。つまり、被相続人の死亡という事実があれば当然に開始し、被相続人の死亡を相続人が知っていたかどうかを問わず、相続人は被相続人の財産上の権利義務を当然に承継することになります。

死亡届

死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡があったときは、その事実を知った日から3箇月以内)に、これをしなければならない。(戸籍法第86条)

死亡届出は被相続人が亡くなってことを法的に証明する為の書類です。届出は市区長村役場やHP内、あるいは病院の受付に設置されています。死亡届は故人が死亡した場所、故人の本籍地、届出人の住民票のある市区町村に提出します。正当な理由なく届出期限を過ぎた場合は戸籍法により、5万円以下の罰金が課せられます。また、死亡届を提出しなければ、火葬許可証、埋葬許可証が発行されず、故人の火葬、埋葬はできません。

相続財産の調査

財産を相続人同士で分けたり、相続税を申告したりする為には、被相続人の残した財産をしっかり調査し、まとめておくことが大切です。

相続財産は被相続人の全ての財産を調査します。財産には現金、車や家財など見て分かるものだけでなく、通帳や保険証券、不動産の権利証なども確認します。また、郵送物やパソコン内に保管されている管理物(インターネットバンク等)も確認します。負債がある場合は負債も相続の対象をなります。その為、借用書などの有無も全て確認する必要があります。

ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方

上記に関し、ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方は当事務所までお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。03-6428-6893営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ