届出該当者

学校、病院、社会福祉施設等での食事の供給を開始したときは、保健所に『食品製造業等取締条例に基づく給食開始届出』を提出する必要があります。

該当者要件

特定多数人に対して週1回以上継続的に1回20食以上又は1日50食以上の食事を供給する事業者。

※既に飲食店営業の許可を保持している施設は届出は不要です。

※既に『健康増進法に基づく給食開始届出』を保健所に提出している給食施設は不要です。

届出が必要な書類

給食開始届、給食施設の平面図・設備の大要、食品衛生責任者の資格を証するもの、(法人の場合)登記事項証明書、(必要に応じて)水質検査成績書

衛生基準

≪施設基準≫

 給食施設内構造が基準を満たしていること。

 食品の取り扱い設備は基準を満たしていること。

 給水及び汚物処理の設備が基準を満たしていること。

≪衛生管理運営基準≫

 食品衛生責任者の設置、検食の保存等

給食供給開始後の届出

届出事項に変更が生じた場合、変更のあった日から10日以内に変更届と必要書類を提出してください。

給食供給事業を廃止する場合、10日以内に廃止届を提出してください。

≪参考資料≫

給食の供給を始められる皆さんへ

ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方

上記に関し、ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方は当事務所までお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。03-6428-6893営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ