緊急事態措置の延長について

こんにちは。行政書士の那須です。GWも明けましたが、緊急事態措置は延長になりました。感染者の人数が減少傾向にならない現状では致し方ありませんね。。。

さて、昨日発表されました東京都の措置状況(要請等)を下記いたします。

元データはこちらになります。緊急事態措置延長前と要請施設等は大きく変わるものではありません。

延長期間:5月末まで

都民への要請:20時以降の不要不急の外出の自粛、感染防止の不徹底な店や休業要請に応じてない飲食店への入店は控える、県外移動を控える、野外での集団飲酒は控えるなどです。

事業者への要請:1,000㎡以上の映画館、ショッピングセンター、遊技場等は休業要請、左記事業で1,000㎡以下は休業の協力のお願い。

事業者への要請:アルコールを提供する、カラオケ設備を利用する店舗は休業要請。アルコールの提供をしない店舗及び、カラオケ設備を利用しない店舗は20時までの時短営業。

事業者への要請:学校や集会施設は活動の自粛や人数制限の要請。

事業者への要請:イベントや野外遊興施設で施設収容人数が10,000人以上可能な施設は5,000人まで、10,000人以下の施設は50%内での稼働を要請。左記施設には21時までの時短営業を要請。

となります。

ざっと記載いたしました。元データに要請に応じた店舗等への協力金の記載はございませんでした。要件等の確定がまだのため、発表はもう少しあとになるかと思います。概要の大枠はございますが、当ホームページ内【新型コロナウイルス関連情報】に記載しておりますので、ご参照頂ければ幸いです。

また、上記に関わらず、新型コロナウイルス関連情報及び、協力金等に関し、不明な点等御座いましたら、当事務所までお問い合わせ頂ければと存じます。

よろしくお願い致します。

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ

投稿者プロフィール

那須和彦
那須和彦
はじめまして。行政書士の『那須和彦』と申します。
当事務所は行政手続きを得意としております。VISAや在留許可申請、風営法許可など難易度が高い許認可を積極的に請け負っています。

当事務所は予防法務の専門家として、遺言・相続に関わる書面作成サポート及び、数多くの契約書面の作成業務を行っております。リスクヘッジを念頭に置いた書面作成業務をいたします。

当事務所は法人・個人事業主様の法務パートナーを目指しております。特に店舗開業サポートに力を入れており、新規物件の選定から開業までトータルにサポートいたします。更に事業が安定軌道に乗れるようご依頼人様の第二のバックオフィスとして経営をサポートいたします。

前の記事

GWの営業について

次の記事

テレワーク。。。