遺言書とは

遺言書とは生前に被相続人が残される家族、親族へ思いを伝える書面を言います。書く内容に制限はありませんが、法的に認められる遺言の事項は ①相続に関すること ②財産に関すること ③身分に関すること と定められています。遺言書は被相続人の意思表示ですので、生前に書いてみたものの気が変わったなどがあれば、書き直すことも可能です。また、死後に複数の遺言書が発見された場合は、日付の新しい遺言書が優先されます。古い遺言書と新しい遺言書の内容が相反するときは古い遺言書が新しい遺言書によって加筆修正されたと考えられます。

遺言執行者の権限範囲

遺言執行者は被相続人の指定により選出されます。遺言執行者の権限は以下になります。

遺言執行者は,遺言の内容を実現するため,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

遺言執行者がその権限内において遺言執行者であることを示してした
行為は,相続人に対して直接にその効力を生ずる。

遺言執行者は,その任務を開始したときは,遅滞なく,遺言の内容を相
続人に通知しなければならない。

法的専門家の遺言執行者の選出

遺言執行者は被相続人の死後、相続に大きな権限を持ちますので、指定は慎重にした方が良いと思われます。相続人を遺言執行者に指定することも可能ですが、相続人間のトラブルを未然に避ける意味でも、信頼できる第三者、ことに法律の知識を有する専門家に依頼するのが良いと思われます。
特に遺言の作成に関わった法律の専門家を指定する方が相続間のトラブルは回避できる可能性は高いです。

ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方

上記に関し、ご不明な方、もっと詳しくお知りになりたい方は当事務所までお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ