飲食店の開業をすると決めた際には以下の①②を用意する必要が御座います。

①食品衛生責任者の選出

②営業許可の取得

①食品衛生責任者とは

食品衛生責任者とは施設(店舗内)において、食中毒や食品衛生法違反を起こさないように、食品衛生上の管理運営をする者のことです。

営業をする施設(店舗)ごとに1名以上食品衛生責任者を置かなければなりません。

食品衛生責任者は以下の①②の者を指します。

 ①栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士又は食品衛生管理者若しくは食品衛生監視員となることができる資格者

 ②食品衛生責任者の資格取得のための講習会終了者

※営業許可を申請するには食品衛生責任者の選出は必須となりますので、お早めに選出することをお勧めいたします。

②営業許可の取得について

営業を始めるにあたって、以下の書類を開業先の保健所へ提出する必要が御座います。

※各書類は保健所窓口かホームページにてダウンロードにて取得致します。

 営業許可申請書、営業設備の大要、配置図等の各種図面、許可申請手数料、水質検査成績書、食品衛生責任者の資格を証明するもの

【営業許可申請書】

営業の責任者の所在地・連絡先、営業所の所在地・名称・業種、食品衛生責任者等を記入し、提出します。

個人開業と法人開業で書式が違うので注意してください。

また、申請書のフォーマットは保健所によって異なることがありますので、営業予定の所在地を管轄する保健所の申請書を入手するようにしてください。

【営業設備の大要、配置図】

営業所の設備や構造、機材等の配置を記載する書類になります。

建物の構造や照明、床の勾配、排煙設備の状況や格納スペース、格納機材、更衣室スペースなど、細かく記載する部分が多いので、時間をかけ、記載漏れのないように行って頂くことをお勧めします。

【許可申請手数料】

営業する業種によっても変わりますが、おおよそ2万円程度の手数料となります。

 飲食店営業:18,300円

 喫茶店営業:11,500円

【水質検査成績書】

貯水槽使用水、井戸水等を使用する場合は、検査日から1年内に水質調査した検査成績書を提出する必要があります。また、許可後も年1回以上は水質調査を実施し、成績書は保管をしなければなりません。

【食品衛生責任者の資格を証明するもの】

食品衛生責任者を証する手帳等で問題御座いません。

上記の書類を保健所へ提出したのち、保健所職員による立ち入り検査が御座います。

立ち入り検査のポイントは設備が整っているか、シンクの大きさや個数、客席と厨房の区切りなど細かくチェックされます。設備が基準と違うと許可が下りなかったり、基準に合わせる為、工事をやり直さなければいけないことも出てきます。

欠格事由に該当せず、保健所職員の立ち入り検査も問題なく通過すれば、晴れて営業の許可が下り、それを証する営業許可証が発行されます。

※欠格事由とは営業許可を申請する人が過去に食品衛生法違反で処分を受けている或いは営業許可を取り消されてから2年たっていないこと言います。