開業のお手伝い

 飲食店を開業するにあたり、開業オーナー様には様々な業務が待っています。創業の融資、物件の選定、扱う商材、仕入れ先の選定、雇用の確保などなど。また、どのような業種の飲食店を開業するかによって、事前に保健所や警察署といった各行政に許可、届出が必要となります。許可等の要件には人的用件、場所的要件、構造的要件等があり、事前の調査、確認作業が重要となります。開業までの限られた時間内にやるべきことは多岐にわたります。期日までに開業出来ない場合、経費(家賃等)がかさんでいくケースも見受けられます。

 当事務所はそんな多忙なオーナー様の為に届出、許可等の事務作業を中心に請け負い、円滑に期日までに開業出来る為のサポートを行います。オーナー様が店の構想を練り、未来のお客様を迎え入れられることに集中できるようサポート致します。

 もちろん、上記事務作業だけでなく、融資、物件の選定、商材の確保、人材の確保といった諸々をご相談頂ければ、当事務所と連携のある各分野の専門家をご紹介いたしますのでお気軽にお申しつけ下さい。

業種により必要な申請書類等の一部

①食堂、レストラン、バー、居酒屋等の飲食店営業手続き

 『飲食店営業許可申請』(保健所)

 『防火対象物使用開始届』(消防署)

②スナック、キャバクラ、ナイトクラブ、ダンスホール、麻雀、パチンコ・パチスロ、ゲームセンター等の営業手続き

 『風俗営業許可申請』(警察署)

 『防火対象物使用開始届』(消防署)

※飲食等を伴う場合は『飲食店営業許可申請』(保健所)が別途必要となります。

③お酒の提供がメインとなるバーや居酒屋で深夜0時を超えて営業する手続き

 『深夜における酒類提供飲食店営業開始届』(警察署)

お気軽にお問い合わせください。070-8419-1459営業時間  9:00-18:00
※土日祝日・夜間の面談・電話対応も可能です。

お問い合わせ